よくあるご質問

ヒューマングレードの基準について教えてください。
人が食べるのとまったく同じ品質の食材を使用しています。 当社では、我が子に食べせてあげたい手作りご飯という考えで、すべての商品を愛犬家の職人が手作りしています。 大量生産はできませんので、工業製品より価格は高くなりますが、愛情をこめて調理しています。
食材の産地を教えてください。
鹿と猪は淡路島の自社施設を中心として、国内10か所程度のヒューマングレードの許可施設と提携しています(岡山、奈良、福井、広島、愛媛、熊本、鹿児島、長野)。
鯛は淡路島由良産、さつまいもは徳島県鳴門産、その他の野菜はすべて淡路島産です。
保存料や添加物などは使用していますか。
保存料や着色料、増粘剤といった添加物は一切使用していません。開封してからの解凍後は品質劣化の恐れがありますので、 再冷凍はせずに1~2日以内に使い切るようにしてください。
あげ方について教えてください。
これまでのフードから急に新しい食べ物に切り替えると、警戒して食べなかったり腸が驚いて下痢をすることがあります。 まずは10~20%程度を置き換えて、その後徐々に置き換える量を60%程度までを目安に増やしてあげてください。 おなかが弱い子もいますので切り替えは様子をみながら、ゆっくりと1習慣程度かけて慣らしてあげてください。 新しいご飯を警戒する子は、味を覚えさせてあげるのに、飼い主様の手からあげると安心して食べてくれることが多いです。
どれくらいの量をあげたらよいですか。
日常のおやつや運動量によっても異なりますが、獣医学的に基準となる給与シュミレーターをご用意しています。 愛犬の状態に応じて必要なカロリーの目安としてご利用ください。 給与量シュミレーターへ
解凍はどのようにすればよいですか。
あげる前日に冷蔵庫で自然解凍していただくのがおすすめです。電子レンジや鍋で加熱して冷ましてからあげることもできますが、素材本来の栄養素が失われてしまう可能性があります。
どのくらいの期間保存できますか。
開封前の冷凍された状態で約120日間保存していただけます。開封前の冷蔵の場合は7日以内、開封後に冷蔵保存される場合は、保存料などの添加物を一切していませんので、1~2日以内に使い切るようにしてください。
子犬にあげても大丈夫でしょうか。
子犬にあげて頂いても問題ございませんが、12ヵ月までの子は成長に多くのエネルギーを必要するので、当社の商品は控えめにし、子犬専用のフードメインであげていただくことをおすすめします。
ミンチは生食しても大丈夫でしょうか。
臨床例がほとんど無いので、生食が100%安全とは言い切れず、日本獣医師学会は基本的には生食NGとしています。 ただ、生食が犬本来の食事であり犬のカラダにとっては消化吸収効率の良いものであること、生食することにより栄養素や酵素が余さず摂取できること、 嗜好性が高くこれまでの食事は受け付けなくなった高齢犬でも食べてくることがあるなどのメリットがあり、多くの飼い主様がなんらかの形で生食を経験されています。
前回と香りや硬さが違うのですが。
鹿や猪といったジビエは、年齢や性別、捕獲時期による個体差が大きくなりますが(基本的には幼く小さな個体ほど匂いが弱く柔らかい、老齢の大きな個体ほど匂いが強く硬くなります)品質的には問題ありません。 人にとってはクセのある香りでも、愛犬にとっては食欲をそそるものもあります。香りや硬さに関しまして、100%天然のジビエがもつ個性としてお考えいただけますと幸いです。