ずっと元気でそばにいてほしいから。
			カラダに適した愛犬本来の食事を。

自社公式通販限定サービス

  • 会員登録はこちらから
  • 定番商品 鹿肉ミンチ
  • 人気商品 鹿肉フード

バランス栄養食(主食、トッピングに)

AAFCOの最新2016年版養分基準とNRC2006年版飼養標準をダブルスタンダードで満たしたバランス栄養食です。
添加物、保存料、ビタミンやミネラル類はいっさい使用していません。
すべての原材料をヒューマングレードの新鮮食材にこだわった完全無添加の手作りフードです。

一般食(トッピングに)

ヒューマングレードの天然の鹿、猪、鶏、鯛を主原料に、自家農園で育てた新鮮野菜をミックスした愛犬のためのフレッシュドッグフードです。いつものフードにトッピングして頂くだけで、食いつきが違います。
新鮮食材から豊かな栄養を摂取しながら、食べる喜びを教えてあげてください。
完全無添加ですべての商品を自社キッチンで手作りしています。

特別ケア食(特定の疾患に)

療法食を食べてくれない子に、アミノ酸スコアの高い高品質なタンパク源をつかった美味しいケアフードができました。
症状に応じて必要な栄養素はしっかり摂りながら、気になる栄養素はきちんと制限しています。
かかりつけの獣医師にもご相談のうえ、トッピング用としてお使いください。

おやつ・栄養補助食

完全無添加にこだわったジビエのおやつと、手作りごはんで不足しがちな栄養素を補うための自然食材だけをつかった栄養補助食です。目を輝かせてごはんを待つ愛犬の姿をご覧ください。

  • 会員登録はこちらから
  • 定番商品 鹿肉ミンチ
  • 人気商品 鹿肉フード

さぁ、今日は何食べよっか。
食べることは生きる喜びです目を輝かせてごはんを待つ愛犬の姿をご覧ください。楽しく食べて健やかなカラダを作る。
新鮮な食材だけをつかった手作りごはんは幸せをお届けします。

  • うちの子の悩み
    竹千代の好き嫌いが激しく、ごはんを食べないことがある。

    喜んで食べてくれる手作りごはんをずっと探していました。味と品質は満足しているみたいなので、常温で持ち運びできる商品もあれば嬉しいです。

    竹千代くん / レディちゃん(5歳・6歳)

  • うちの子の悩み
    食べることが好きなので、カラダに良いと聞いた鹿肉のごはんを探していました。

    初めてのウエットフードだったので、食べるか心配でしたが、一瞬でなくなりましたw おそらく永遠に食べ続けられるじゃないかと思うほど好きみたいですw

    晋作くん(11歳)

  • うちの子の悩み
    美味しいご飯をあげたい。喜んで食べる姿をみたい。

    味としては、どれもすっごく美味しいらしく、いつもより完食までが早いです。ジャーキーは飛びつくぐらい美味しいみたい。笑

    モカちゃん(12歳)

  • うちの子の悩み
    小麦粉アレルギーがあって食べられるフードが限られる。

    原材料がわかりやすく添加物や保存料などはまったく使っていないので安心してあげられる。手作りしたいけど時間がないので助かっています。

    ジンくん(6ヶ月)

  • うちの子の悩み
    ショコラがご飯に興味が薄く食べむらがある。

    鹿肉と猪肉のどちらも好きみたいでローテーションしてあげています。カラダにも良さそうなのでこのまま飽きずに食べ続けてくれると嬉しいのですが。笑

    モカくん / ショコラちゃん(2歳・2歳)

  • うちの子の悩み
    ごはんを嫌々食べるようになり、食いつきが悪くなった。

    ウェットフード子犬バージョンです、最近食欲落ちてたんですが、準備してる最中からそわそわして一気に食べてくれたので、気に入ったみたいです!!

    ウィズちゃん(11歳)

  • うちの子の悩み
    元気がありすぎて、室内ではしゃいで困る。

    鹿角を夢中で噛むようになってから、アゴが疲れるのか色んなものにいたずらするのが無くなりました。デンタルケアの効果も期待しています。

    マシューくん(4歳)

  • うちの子の悩み
    ダイエットにも皮膚にも良いフードを探していました。

    チワックスが太り気味なのと、ミニピンの皮膚が弱いのでごはん選びが大変でした。この鹿肉フードはマタタビ状態で大喜びして食べてくれます。笑

    ぐうくん / ちょきちゃん(2歳・3歳)

  • うちの子の悩み
    うちの子の悩み 高齢なので身体に良いものをあげたい。

    13歳の誕生日に身体に良くて美味しそうなものを探していました。二人とも美味しそうに飛びついて食べています^^

    ひなちゃん / はなちゃん(13歳・3歳)

Amazon・楽天でも
ご購入できます

  • Amazon店
  • 楽天店

Instagram

ジビエの消費拡大を通じたSDGsへの取り組み

近年、鹿や猪といったジビエによる農業被害が社会的な問題になっています。被害を減らすために積極的な捕獲活動が行われていますが、捕獲されたジビエのうち利活用されるのは全体の10%未満にすぎません。加えて鹿は食肉として利用できる部位が少なく、わずか10%足らずのうち2割しか使われていないのが現状です。
ジビエの利活用は、被害の減少だけでなく、農林業者の活動を支え、里山、森林を復興させるなど多くの地域課題の解決につながることが期待されています。淡路アグリファームでは鹿肉の栄養価の高さに注目し、捕獲した山の命を最大限活用するために、「ドッグフード」としての利用を推進してまいります。