ジビエ鹿肉チップ
ジャーキー

【無添加おやつ】ジビエ鹿肉チップジャーキー

愛犬家の職人が低温でヒューマングレードの赤身肉をじっくり乾燥させました。旨みが強く残っているで食いつき抜群です。
チップタイプは手で簡単にちぎれるくらい柔らかいので、噛むチカラが弱くなってきた子や、ご飯のトッピングにもおすすめです。

おすすめ
用途
筋量アップ、ダイエット、アレルギー対策、毛艶・涙やけケア
全年齢対応
パピー・アダルト・シニア犬に最適です
  • 30g
  • 80g
  • 200g

¥978(税込)

30g

全国送料無料

日祝を除く13時までのご注文は当日発送!

※おやつ、栄養補助食のみご注文いただいた場合はクリックポストでの発送のため、お届け時間の指定はございません。予めご了承ください。

¥1,998(税込)

80g

全国送料無料

日祝を除く13時までのご注文は当日発送!

※おやつ、栄養補助食のみご注文いただいた場合はクリックポストでの発送のため、お届け時間の指定はございません。予めご了承ください。

¥3,868(税込)

200g

全国送料無料

日祝を除く13時までのご注文は当日発送!

※おやつ、栄養補助食のみご注文いただいた場合はクリックポストでの発送のため、お届け時間の指定はございません。予めご了承ください。

商品についてさらに詳しく

13歳になるココアちゃんは鹿肉ジャーキーが大好き!鹿肉を食べ出してから元気いっぱいになりました!!

国産の鹿の腹身と赤身肉をミックスした鹿肉のおやつです。高たんぱく質で低カロリーの鹿肉は愛犬のカラダには最高の食材ビタミンやミネラルも豊富なため、皮膚・被毛を健康に、艶やかに保つ効果も期待できます。低温でヒューマングレードの赤身肉をじっくり乾燥させました。旨みが残っているで食いつきが良く、おやつやご褒美にもぴったりです。

獣医師・獣看護師の
94%の方が鹿肉をおすすめ。
2020年3月に第三者リサーチ機関にインターネット調査を依頼し、牛、豚、鹿による成分比較表をご覧いただいたのちにアンケートを行った結果、獣医師・獣看護師の皆さまから鹿肉に対して高い評価をいただくことが出来ました。
愛犬の健康を願う飼い主様のためにも、鹿肉の健康効果を活かしたより良い製品をお届けできますよう日々、研鑽に努めてまいります。
表面に浮き出る白い結晶と、
保存方法について
国産の鹿の腹身と赤身肉をミックスした鹿肉のおやつです。高たんぱく質で低カロリーの鹿肉は愛犬のカラダには最高の食材ビタミンやミネラルも豊富なため、皮膚・被毛を健康に、艶やかに保つ効果も期待できます。低温でヒューマングレードの赤身肉をじっくり乾燥させました。旨みが残っているで食いつきが良く、おやつやご褒美にもぴったりです。
淡路島で捕獲された
山の恵みを活かすために
洲本市鳥獣被害防止対策協議会では、捕獲したイノシシ・シカの肉を「shishika」と称し、淡路島の新たな特産としてブランド化することを目指しています。
淡路アグリファームでは、2018年より洲本市の担当の方々、地域のハンターの皆さまと連携し、淡路島ジビエの活用と普及に努めています。
捕獲されたシカ・イノシシをそのまま廃棄することなく、山の恵みとして有効活用を図り、ドッグフードの開発と販売、環境保全に関わる取り組みを通じて、鳥獣被害対策や地域再生に貢献できるようこれからも尽力します。

素材・原産国・成分値・
カロリー・注意事項

素材
日本鹿
原産国
日本
成分値
329kcal(ME)/100g、粗タンパク質80.7%以上、粗脂肪5.4%以上、粗繊維0.01%以下、粗灰分4.6%以下、水分9%以下
注意事項
添加物、保存料はいっさい使用しておりません。開封後は冷暗所にて保存してください。適切な給与量は犬種・体重・年齢・性質・運動量などにより異なりますが、目安として1日の必要カロリー量を超えないよう誤飲に注意して、飼い主様の目の届く範囲であげてください。ジャーキーの表面に白い粉が見える場合がありますが、これは肉のアミノ酸成分の結晶で問題はありません。

CATEGORY

Amazon・楽天でも
ご購入できます

  • Amazon店
  • 楽天店

ジビエの消費拡大を通じたSDGsへの取り組み

近年、鹿や猪といったジビエによる農業被害が社会的な問題になっています。被害を減らすために積極的な捕獲活動が行われていますが、捕獲されたジビエのうち利活用されるのは全体の10%未満にすぎません。加えて鹿は食肉として利用できる部位が少なく、わずか10%足らずのうち2割しか使われていないのが現状です。
ジビエの利活用は、被害の減少だけでなく、農林業者の活動を支え、里山、森林を復興させるなど多くの地域課題の解決につながることが期待されています。淡路アグリファームでは鹿肉の栄養価の高さに注目し、捕獲した山の命を最大限活用するために、「ドッグフード」としての利用を推進してまいります。